aeefj | アワード受賞のメリット
1035
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-1035,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1300,footer_responsive_adv,qode-content-sidebar-responsive,qode-theme-ver-10.1.2,wpb-js-composer js-comp-ver-5.2.1,vc_responsive
 

アワード受賞のメリット

アワード受賞のメリット

アワード受賞は多方面の効果があります!

メリット1

海外広告費用の100分の1の金額で、広告よりメリットがあるPRができる!

 

海外サイトで企業名や商品名を掲載してもらうには、至難のわざです。
バイヤーとアポイントを取るより難しいといっても過言ではありません。

海外サイトで掲載されたいと思って、広告活動をするとなったらお安く見積もっても300万円くらいかかります。
通常、1首都あたりのシェアを取ろうとすると3000万円以上かかります。

もし、アワードで賞を獲得すると、エントリー代金を数十万円支払っても従来の100分の1の金額で多数の海外の国々へPRができるのです。

受賞後には、国内の新聞掲載やニュースリリースにも取り上げられる可能性が高くなります。

また自社のウェブサイトにも、海外で認められた趣旨を嫌味なくPRできます。

メリット2

受賞ロゴが自由に使える!

 

受賞企業、個人、商品だけが使用できる「受賞ロゴ」を作成しております。
受賞後に、各受賞したロゴをお渡しいたします。
その使用にはほとんど制限がありません。

・Webサイトに使用する
・名刺に印刷する
・パンフレットに入れる
・商品自体への印刷
・ラベルを作り商品に貼る
・プレスリリースに入れる

こともできます。

 

 

  

メリット3

グローバルなビジネス人財を作ることができる。

 

AEEF(優秀企業家連盟)マレーシアで6年間で5000余りの企業、物、人を受賞してきたグローバルなネットワークを構築しています。受賞後、そのネットワークを通じてアジアの企業と直接つながることが可能です。
また、日本での授賞式は日本の首都、東京で海外の人に一番人気度が高い、目黒にある「雅叙園」で行われます。
今回のアワードには、主にマレーシア人やアジア地域の方々も50数名参加いたします。
受賞者とマレーシアからのVIPの方々とは、交流しやすい環境を提供いたしますので、受賞式で直接、アジア人財とのネットワークを作ることができます。

メリット4

アジア市販雑誌に掲載されることで、営業ツールとして使用できる。

 

 

受賞しますと、日本のメディア雑誌の他、アジアインターネット関係、CCTV等にも、授賞式の様子は放映される予定です。
またマレーシアで販売されている経営者向きの月刊誌(月10万部発刊)等への掲載がされることで、今後は、その雑誌を営業ツールとして使用できます。
初対面のアジア企業への営業も、アジア主体のアワードを受賞したことで、御社への親近感と信用度が高まります。

メリット5

授賞式の動画を営業ツールとして使用できる。

 

 

授賞式で名前を呼ばれる瞬間から、ステージで受賞される様子や受賞インタビューまで撮影が入りますので、その素材を編集しYouTube等でUPし拡散することができます。
またアジアのみならず、全世界へと動画にて発信することもできます。

メリット6

他者同種類商品と差別化販売ができる。

 

 

同じような商品がずらっと並んだときに、人は商品を比べて購入するものですが、どれを見ても同じような機能や内容であれば、値段の安いものを選びがちです。
そこで、この受賞ロゴを商品につけることで、ダントツ手に取っていただく可能性が高まり
他社製品との差別化ができ、また価格競争に巻き込まれることがありません。

 

 

ASIA GOLDEN STAR AWARDはこのような「企業、人、モノ、サービス」にお勧めです。

  • 現在アジアに商品、サービスを輸出されている企業現在海外で飲食店を経営している企業
  • これから、アジアへ進出していきたいと思っている企業
  • アジアにビジネスパートナーを作りたいと思っている企業、起業家
  • アジア諸国に、今後は総代理店や代理店を作っていきたいと思っている企業
  • 日本よりも、アジアのドバイ、シンガポール、マレーシア等の熱い国の方が需要がたくさんあると 思われる商品をお持ちの企業
  • 飲食店を今後アジアで展開したいと考えている企業
  • 起業家としてアジア諸国で、ブランディングを考えている人
  • 今後アジア諸国で、社会貢献活動をしていきたい人